リサイクルの気持ちがエコのスタート地点

エコを各人で考えていたらリサイクルにつながるはずです。それを毎日の習慣にしたらいいと思います。

リサイクルの気持ちがエコのスタート地点
リサイクルの気持ちがエコのスタート地点

リサイクルの気持ちがあればエコになる

エコは考えているけどリサイクルして何に使うのか分からない人は多いと思います。段ボールを集めている人がいるけどそれを売って何に使うのでしょうか。新聞紙は実を言うとまた新聞紙になる事は知りませんでした。それでしたらきちんと分ける事が出来たらやりたいと思います。会社にいた頃はいらないコピー用紙を無造作に捨てていましたが、よく考えたら裏面を上手に使ったらもっと経費削減になります。それもノートやトイレットペーパーになるのですから、環境にやさしい使い方が出来るという事が分かりました。ビンは燃えないのでどうしたらいいのかと思いますが、それは洗ってもう一度使うそうです。それだったら無駄が省けるという事です。最近アルミ缶を集めている人がいますが、自動車の部品になるそうです。だからある程度高く売れる事が分かりました。外で暮らしている人のいい収入源になるので人助けをしているという事です。食品トレーも使えるので分けておきます。

ゴミは無造作に捨てないで何かいい使い方はないかと考えたらいいという事です。各人がやっていたらもっと住みやすい地球になる事は間違いありません。それを思うと煙草は害になるだけで何もならないので、かなり無駄だと言えます。それが公園にポイ捨てされているだけで、気持ちがよくありません。中には空き缶を無造作に捨てている人は今でもいますが、それでしたらコンビニに置いてあるゴミ入れに捨てる様にしてください。活用出来ると思ったら積極的にやろうと思いました。缶類はアルミしか駄目だと思っていたら、スチール缶は鉄製品に変わるそうです。きちんと分かっていたら捨てる人が減ると思いました。それでも昔に比べたら捨てる人が少なくなったのは事実です。最近では当たり前になっていますが、ペットボトルのキャップは外して捨てる様になりました。それが燃えると環境汚染につながるからです。表のビニールもきちんとはがして捨てます。習慣にしたら大丈夫です。

おすすめ情報