リサイクルの気持ちがエコのスタート地点

リサイクルを積極的に行うこと、すなわち、エコ。この意識づけの活動で、日本のゴミが減ります!

リサイクルの気持ちがエコのスタート地点
リサイクルの気持ちがエコのスタート地点

リサイクルで2つのエコが叶う

エコという言葉には二つの意味が含まれている。一つ目が、エコロジー。これは、地球への優しさを表した言葉である。二つ目は、エコノミー。これは、経済を表している。リサイクルをするということは、例えば使い切った牛乳パックや魚や肉の入っていたトレイを他のTシャツやノートなどに再利用するといういわゆるモノの循環である。では、なぜリサイクルが2つの意味でのエコに役立つのか。まずはエコロジーに対しての影響。リサイクルをするということは、廃棄されるゴミがその分減ることになる。そうすると、廃棄時に発生するダイオキシンなどの有害物質の排出をおさえることができる。このようにして有害物質を減らすことによって、地球を守るオゾン層の破壊防止になるのである。すなわち、経済的な面でもリサイクルは役に立っているのである。モノを粗大ゴミに出さずにリサイクルショップに売るのも一つのエコである。なぜなら、粗大ゴミに出す際にかかってくるコストが一切かからないからである。むしろ、売るのであるから逆に収入をえるのである。

次に、エコノミーに対してはどうだろう。ゴミの廃棄時にかかる費用について考える。まず、ゴミの廃棄場所が必要なので、その分の土地が必要になる。そして、廃棄施設の費用。ゴミが減ればこれらにかかってくる費用は制限されるのである。このように、リサイクルをすると必然的にエコに繋がるのである。ゴミを減らすことはプラスの未来を生むのである。

おすすめ情報

  • 東京の旅行を充実させるためのお役立ち情報満載です。